« SMMA主催「ミュージアム・ユニバース2017」に出展します | トップページ | 企画展「勝平得之の民俗版画と雪の民具」を開催中 »

2017年12月 9日 (土)

学生たちが登壇します(『フィールドワークを楽しむ ―発掘し、聞き取り、撮影する―』)

1

【東北学院大学アジア流域文化研究所 公開学術報告会】フィールドワークを楽しむ ―発掘し、聞き取り、撮影する―

 

■日時 平成29129日(土) 開場1230~  講演13001700

 

■会場 東北学院大学土樋キャンパスホーイ記念館2階 H201教室

 

■調査報告(民俗・考古学) 1300

①真柄 侑(文学研究科アジア文化史専攻博士前期課程2年)

「フィールドワークを通してみた沖永良部島の暮らしの特徴」

②文化財レスキュー活動メンバー(文学部歴史学科34年生)

「牡鹿半島の生活文化を”たがやす”」

③鈴木 舞香(文学研究科アジア文化史専攻博士前期課程1年)

「灰塚山古墳発掘調査報告」

④高橋怜奈(文学部歴史学科3年生)

「発掘調査を支える活動について」

 

■特別講演 1500

 夏日新(湖北省社会科学院・研究員)

「三国志伝承を訪ねて」

 

主催     東北学院大学アジア流域文化研究所

備考     入場無料・申込不要。

« SMMA主催「ミュージアム・ユニバース2017」に出展します | トップページ | 企画展「勝平得之の民俗版画と雪の民具」を開催中 »