« 卒業論文が出そろいました。 | トップページ | 『復興キュレーション―語りのオーナーシップで作り伝える“くじらまち”―』発売中です。 »

2017年2月13日 (月)

シンポに登壇します(「被災した文化財を次世代に伝えるために」)

Img_20170213_0001

東日本大震災の文化財レスキュー後の宮城県での対応についての、総括シンポジウム「被災した文化財を次世代に伝えるために」に登壇します。

-------------------------------------

シンポジウム「被災した文化財を次世代に伝えるために」

主催:宮城県被災文化財等保全連絡会議
日時:2017年3月20日(月・祝)
場所:東北歴史博物館3階講堂

内容:

開会挨拶:
  鷹野光行(宮城県被災文化財等保全連絡会議代表・東北歴史博物館長)

宮城県被災文化財等保全連絡会議とその活動
  古川一明(宮城県被災文化財等保全連絡会議事務局長・東北歴史博物館学芸部長)

基調講演
 「自然災害と文化遺産」 青柳正規(東京大学名誉教授・前文化庁長官)

パネルディスカッション「宮城県の被災文化財保全活動をふりかえる」
 パネリスト
  青柳正規(東京大学名誉教授・前文化庁長官)
  三上満良(宮城県美術館副館長)
  加藤幸治(東北学院大学文学部教授)
  幡野寛治(気仙沼市教育委員会生涯学習課主幹兼文化振興係長)
  菅野達雄(亘理町教育委員会生涯学習課文化財班長)
    コーディネーター 小谷竜介(東北歴史博物館副主任研究員)

総括コメント 岡田健(独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所保存科学研究センター長)

閉会挨拶 小畑幸彦(多賀城市教育委員会教育長)

« 卒業論文が出そろいました。 | トップページ | 『復興キュレーション―語りのオーナーシップで作り伝える“くじらまち”―』発売中です。 »