« 拙稿が出ました。(「地域社会の変化と郷土食の保護継承の現在―北海道・東北地方における調査から―」) | トップページ | 文化財レスキュー企画展「鯨まつりのにぎわい」を開催します。(8/15-9/5) »

2016年8月 1日 (月)

文化財レスキュー企画展「くじら探検記」を開催します。(8/11-14)

Img_20160724_0002mini_r
今年の石巻市鮎川で開催する文化財レスキュー企画展は、アメリカ自然史博物館所蔵の探検家ロイ・チャップマン・アンドリュースが撮影した100年前の鮎川の写真展です。鮎川の捕鯨を克明に記録した『Whale Hunting with Gun and Camera』の出版からことしは100年!
乞うご期待!
詳しくはこちらから。
--------------------------------
 東北学院大学では、東日本大震災で被災した牡鹿半島の文化財等の保全作業に取り組み、現在は旧牡鹿公民館の町史編纂資料等の整理に従事しています。
 今からちょうど100年前、アメリカ人探検家ロイ・チャップマン・アンドリュース(1884~1960年)は、『銃とカメラで鯨狩り』(Andrews 1916)という本を出版し、多くのページを割いて鮎川の捕鯨を紹介しています。彼は、ニューヨークのアメリカ自然史博物館の学芸員として、鮎川で鯨類の調査と標本採集を行ったのです。のちに館長となり、映画『インディ・ジョーンズ』シリーズのモデルとも言われています。
 今回の展示では、アメリカ自然史博物館に残されているアンドリュースが撮影した100枚弱の写真から代表的なものを展示します。その写真には、今から3世代以上前の鮎川の住民の姿がとらえられています。地域のうつり変わりを知ることで、これから復興していく鮎川のすがたを考えるきっかけにしていただければと思います。
--------------------------------
<第11回文化財レスキュー企画展「くじら探検記」>
・期間:平成28年8月11日(祝)~14日(日)
  【入場:無料】
 *11日/13:30~17:00 12・13日/9:00~17:00 14日/9:00~13:00
・会場:石巻市復興まちづくり情報交流館・牡鹿館(復興商店街「おしかのれん街」前)

« 拙稿が出ました。(「地域社会の変化と郷土食の保護継承の現在―北海道・東北地方における調査から―」) | トップページ | 文化財レスキュー企画展「鯨まつりのにぎわい」を開催します。(8/15-9/5) »