« 講演します(戦前の民俗調査を復元する) | トップページ | 本日開催(ミュージアムキッズ) »

2016年6月15日 (水)

シンポジウムに登壇します(地域社会の変化と郷土食の保護・継承の現在)

_r_r_2
味の素食の文化センターの研究プロジェクトの報告会が開催されます。私は「地域社会の変化と郷土食の保護・継承の現在」と題して報告します。
詳しくは、こちらから。
 
--------------------------
テーマ 郷土食」「学校給食」から和食文化の保護・継承を探る
 
2013年12月「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを受け当財団も和食文化の保護・継承活動に取り組み、その一環として2014・15年度に「郷土食」並びに「学校給食」に焦点をあてた調査・研究の研究支援事業を行い、このたびその成果をここに報告させていただきます。
 
 
第一部 郷土食における和食文化の保護・継承の方法
司会・コーディネーター:大久保洋子氏(元実践女子大学教授)
報告者       :中澤弥子氏(長野県短期大学教授)
           :加藤幸治氏(東北学院大学教授)
           :小林 哲氏(大阪市立大学准教授)
発表者による討論(パネルディスカッション)
 
 休憩(15分)
 
第二部 学校給食を通した和食文化の保護・継承
司会・コーディネーター:江原絢子氏(東京家政学院大学名誉教授)
報告者       :糦須海圭子氏(九州女子大学講師)
           :宇都宮由佳氏(青山学院女子短期大学准教授)
           :朴 卿希氏(仁荷大学非常勤講師)
発表者による討論(パネルディスカッション)

« 講演します(戦前の民俗調査を復元する) | トップページ | 本日開催(ミュージアムキッズ) »